お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

ご葬儀などの、お悔やみの席において、使ってはいけない言葉があります。

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

ご葬儀などの、お悔やみの席において、使ってはいけない言葉があります。これは、ご遺族に声をかける際、弔辞を頼まれてしまった際、どちらにも当てはまります。安易に使ってしまい、失礼とならないよう、気をつけましょう。直接的に、「死」を連想させてしまう言葉は、当然NGです。「死ぬ」、「死亡」は、「亡くなる」、「他界」といった言葉に言い換えましょう。また、「生きていた頃(時)」は、「お元気の頃(時)」や「ご生前」、「ご存命」という言葉に言い換えます。

また、かさね言葉という禁句があります。「かさねがさね」や「くれぐれも」、「かえすがえす」といった言葉で、ご不幸が連続するのを連想させてしまう事から、タブーとされています。日常、よく使う言葉なので、つい口に出してしまいがちですので、注意が必要です。かさね言葉と同様の意味合いを持つ「再び」、「続けて」、「追って」、「再三」等の言葉も、使わない方が無難です。

そして、最も使ってはいけない言葉は、ご遺族に対して、「元気を出して頑張れ」や、「早く立ち直って」という過度な励ましの言葉です。日にちが経った頃ならまだしも、お通夜やご葬儀の席では、悲しみも癒えていないご遺族にとって、大きな負担となります。安易な励ましの言葉は、決して使う事のないようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2018お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉.All rights reserved.