お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀に参列する場合に用意するものとして香典がありますが、持っていく際はふくさに包んでもっていくのが一般的となります。

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀の際に用意する香典袋の下段の書き方

葬儀に参列する場合に用意するものとして香典がありますが、持っていく際はふくさに包んでもっていくのが一般的となります。香典自体の準備の方法としては、まずは表書きを記載します。宗教などによっても異なりますが、薄墨で御霊前と書くのがマナーとなります。同時に香典袋の下段には名前を記載する必要があります。基本的には会葬者のフルネームを記載します。もし通夜や葬儀などに参列するのが、夫が出張などで参列できない時に妻が代理の場合があります。その際の香典の下段は夫の名前をフルネームでき際しますが、名前の左下に内を記載しておきます。

通夜や葬儀自体を夫婦二人で参列する場合ですが、一般的には下段の名前は夫だけのフルネームで問題はありません。ですが故人との関係が夫婦ともに親しい間柄である場合は夫の名前の隣に、妻の名前を記載して連盟にしても良いです。会社などの仕事関係の葬儀の参列する場合は、会社名とともに役職と会葬者名を記載します。ですが記載する内容が長いので、その際は2行に分けて記載しますが会葬者名が中央にくるように記載します。もし会社の上司などの代理で参列する場合であれば、会葬者名は上司のフルネームを記載し左下に代と小さく書き添えるとよいです。
Copyright (C)2017お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉.All rights reserved.