お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

突然の訃報の連絡を受けた場合は、葬儀に参列するために喪服やその他の小物などを用意していきます。

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀の際の子供の服装

突然の訃報の連絡を受けた場合は、葬儀に参列するために喪服やその他の小物などを用意していきます。社会人などであれば喪服で問題はありませんが、中には親類や親せきのほかに知り合いの場合でも子供が参列しなくてはいけない場合も出てきます。その時の服装選びなどに迷う人はいますが、葬儀の際に子供が着用する服装でもマナーはあるので知っておくと良いです。まず中学生から高校生までの学生であれば制服がありますが、学校の制服自体は正式な礼服としてみなされているので、葬儀の際は制服を着用するので問題はありません。

大学生の場合は制服はありませんが、社会人に近い大人となりますので喪服を着用するようにします。小学生以下の制服がない子供の場合ですが、白いシャツ以外に黒や紺のズボンやスカートなどを着るようにすると良いです。小さいお子さんの場合は髪かざりなどをつける人もいますが、葬儀の場合はマナー違反となるので髪飾りなどはしょうせず黒いゴムなどで三つ編みにするなど、髪型などにも注意するようにします。赤ちゃんを連れていく場合ですが、その際は白に統一すると良いです。子供の服装の場合は、そこまでマナーが厳しいわけではないので常識の範囲で落ち着いた色を選ぶようにすれば問題はないです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉.All rights reserved.