お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀というのは、人が亡くなることが大前提にあるため、生きているうちに考えることは人によっては不謹慎に思えるかもしれません。

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀の生前準備の進め方

葬儀というのは、人が亡くなることが大前提にあるため、生きているうちに考えることは人によっては不謹慎に思えるかもしれません。しかし、実際にはいつ訪れるかもしれない状況に対して少しは準備しておくべきと考えるのもとらえ方の一つでしょう。いうなれば葬儀は人の人生の最後を締めくくる大イベントです。人生最後の晴れ舞台、お葬式の準備の進め方を考えてみましょう。

最近は終活、という言葉も生まれ、その一環として自分の葬儀や葬送の流れを生きているうちに葬儀屋に依頼していたり、家族と話し合い、エンディングノートに書き残す方も増えています。やはり家族や大切な人との突然の別れが訪れると、人は動揺し、なかなかでは葬儀の準備をしよう、という思考にはなりにくいでしょう。そのため、送られる立場の故人があらかじめ自分がどのように送られたいか決めておいてくれると非常にありがたいです。

残される人のためにも、送られる人のためにも最善の葬儀を行うために、今は葬儀の事前相談や生前予約ができる葬儀屋さんが増えています。生きているうちにもしものときに備えて、あらかじめ葬儀の内容やスタイル、さらに具体的な規模や予算までを決められるので、一度相談してみるのも手でしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉.All rights reserved.