お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀の形というのは日本と外国とでも違いますが、日本の中でもそれぞれ地方によって違いがあります。

お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉

葬儀の変化とはどういったものか

葬儀の形というのは日本と外国とでも違いますが、日本の中でもそれぞれ地方によって違いがあります。そうした違いで歴史や文化、風習などを知ることもできますが、葬儀も年々簡素化されているため、現代ではおしゃれに感じる葬儀も目立ってきています。お花も洋風の花にしたり、明るいイメージの葬儀にしていく人も多く、今までの怖いような葬儀のイメージから変化しているようなこともあるでしょう。

また、葬儀は身内だけで行うという人も少なくありません。身内だけで行うことができれば用意するものや借りる会場、かかる費用なども少なくすることができますから良いでしょう。特に都会ではマンション暮らしをする人も多く、お葬式をするにも人を集めるのにも大変なことがあります。ですから人のことを解決していくためにも葬儀は簡単なものが良しとされるでしょう。

そして葬儀だけでなく、葬儀の後に必要になるお墓も葬儀同様にモダンになっていています。昔ながらの先祖代々伝わるお仏壇などは管理も大変で保管に困ってしまうこともあるでしょう。ですからお墓もお葬式と同じように考えて、この先保管や管理に困らないものを用意していくということもあります。お葬式は大変なものという感覚がありますが、昔ながらの感覚も変わりつつあるでしょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2017お通夜、ご葬儀、告別式で使ってはいけない言葉.All rights reserved.